猫の額だけど、自分の庭

令和2年7月18日 土曜日

引越したばかりでまだ何もない。

荒れた庭。幸いに神様の雨のお陰で、土が湿っている。

14日に四谷三丁目の植物を持って来る。土を注文。


令和2年7月19日 日曜日

北側に置いていたクチナシを南側み持って来て、直植え。

新宿のドンキホーテで15メートルのホースを買う。


令和2年7月20日 月曜日

戸塚から第一陣の植木が届く。とりあえず庭に置く。あとまだ半分以上あるようだ。ご苦労様。


令和2年7月21日 火曜日

西側に笹を置く。笹はもっとあるはず。ピンク椿、オレンジさん、土偶埴輪が数日後に来る。

スミレ、葡萄、エンゼルトランペット、赤い百合の球根を直植え。


令和2年7月22日 水曜日

余った引き出しで、ツル植物を育てて、汚いとのこ板を隠そうかしら。

植木鉢用のお皿がないので、プラスチック容器を使う。

この方が雨水を貯めやすいから、お皿より効果的。

ピンクの子はもともとこの庭にいた。よくこのような殺伐としたところに命があった。


令和2年7月27日 月曜日

オモトを塀の外側に植えた。こんなのありなのも、こういう場所だから。
名前知らないピンクの花の蕾ができた。竿を10本買った。


令和2年7月28日 火曜日

藤や葡萄の蔓が巻きついてくれますように。


令和2年7月29日 水曜日

イヨンちゃんがくれたクリムトの絵葉書で風鈴を作る。


令和2年7月30日 木曜日

日々草と夏キュウリを植える。今植えてもいいキュウリがあるとは知らなかったので嬉しい。
途中まで網を張る。


令和2年7月31日 金曜日

塀の外も自分の庭の延長みたいなもの。
前の人が植えて、その後、管理会社に無残にも切られた見事な藤がある。

隣の人の話だと、花を咲かせていたとのこと。

切るなんて、なんて残酷なこと。

藤井家でお世話できなかった藤のお世話ができるように、ここに藤を用意しておいて下さった神様に感謝します。


令和2年8月2日 日曜日

昨日買ったゼラニウムと、今日買ったゆず。
これからが楽しみ。

藤は喜んで巻きついてくれる。

かぼちゃや蔓植物を育てるためには、あと10本くらいまた竹竿を買いに行かないと。


令和2年8月3日 月曜日

昨日届けられた植物が玄関に入り切らなくて、道に溢れている。
やることいっぱいありすぎで、嬉しい。竿と土を買わないと。


令和2年8月4日 火曜日

25キロ入りの培養土と大きな肥料を買ったから、当分の植え替えは大丈夫。

左の塀の上の貧相な金のなる木は地面に下ろし、塀の上にはマツバボタンを置いた。

和室縁側の下にはクンシランを直植えしてしまったから、そこから出入りできない。

良い香りのするオレンジの苗は、まだ植木鉢。

少し根を休めてから西側に直植えしようと思っている。


令和2年8月5日 水曜日

昨日黒かった虫は、緑に変色していて、落ち着いて蛹になる準備に入った。この子が蝶々になるわけだから、追い出したりしなくてよかった。

蝶々は自分が生まれた庭に戻って来てくれる。ここが好きならここで舞ってちょうだい。

人間のお母さんはその姿を見るのが楽しみ。
夏キュウリの二つ目のヒゲが、巻きつき始めた。

藤おさんたちは、「やったぜー!これで伸びられる、バンザーイ!」と言っている。藤は成長が早い。

毎日数センチ伸びているのがわかる。

令和2年8月6日 木曜日

 昨日から仲間入りしたのは、ポトス、濃いローズ色の百日草、黄色いマーガレット、赤いベゴニア。

ポトスは増やしたいので、大きな鉢に移そうかな。

土と栄養がいっぱいないと、増えない。直植えはしない。冬に枯らしてしまうのが怖いから。


令和2年8月7日 金曜日

ライムポトスが大変なことになってしまった。陽に焼けてしまったから、北側の窓のところに避難させる。

吊るすためのペチュニア3色すでに用意したけれど、これ、ナメクジにアタックされないといい。どこか高いところに避難させておかないと危ない。


令和2年8月8日 土曜日

 天井から吊るした。ハンガーを二本使うとちょうどいい具合になる。
もうひとつ吊るそうと思って、お店に注文して来た。同じ鉢でないと。

お台所の胡蝶蘭は5つになった。でも写真がまだない。

 薔薇の葉を食べてる虫は、ふうばの家の梅の葉を食べていた虫と同じだった。蚊取り線香で撃退。


令和2年8月9日 日曜日

二階の物干し台から見下ろす。水道側の竹竿にはまだ何も巻きついていない。巻きつき始めたら、ネットをかけようと用意してある。

胡蝶蘭が4個の写真しかない。


令和2年8月10日 月曜日

やはり胡蝶蘭は5つある方が、色彩的に安定する。

濃い色のものがあると、薄い色がより生える。

それから、外が暗い時の方が良い写真が撮れる。あ、当たり前か。

後ろが明るいと、花の姿が飛んでしまう。

先っぽがダメになったアロエから赤ちゃんの芽が出て来た。植物の再生力はすごい。
オモトはいつになくたくさん水をもらっているから、成長している。でも外だから肥料をあげていない。

令和2年8月11日 火曜日

なんと、ホースのつなぎ目が壊れてしまった。15メートルを引っ張ったのがいけなかった。

こうなったら、洗面所か、浴室から水を取る必要がある。

さて、どちらにするか。洗濯機という手もある。市ヶ谷砂土原町のように。

蝶々の子供は、猫に襲われたのだと思う。だって、1匹になり、そして今日は全然姿がない。

犯人の目星はついている。

かぼちゃの芽が出て育っている。


令和2年8月12日 水曜日

薔薇の新しい花芽が出た。

百合の花が咲くのが楽しみ。一週間前の蕾の状態とは格段の差。やはり、雨のせいで急速に育った。

全部神様のお陰。


令和2年8月13日 木曜日

藤がだんだんいい具合に目隠しになって来てる。
ゼラニウムが二つ目の花をつけた。
夏キュウリが育って来た。春植えキュウリは、収穫までに1ヶ月半かかったけれど、夏植えのこれはどれくらいかかるのだろう。

令和2年8月14日 金曜日