前の日の夜に渡嘉敷島から戻って来た。

4/4の日曜日の朝、復活祭の礼拝を受けたくて、沖縄に出発する前から、日本基督教団那覇中央教会に電話をして、復活祭の礼拝に参加したい旨を伝えたら、島外の人はダメだとすげなく断られたけれど、それにもめげずに私は、立派な十字架が遠くから目立つ堂々たる日本基督教団の建物を訪れた。

扉には、島外の人は礼拝に参加できない旨の貼り紙がしてあったので、二度拒否された気持ちになったけれど、中に入って、女性(多分、牧師の奥様)に礼拝に参加したいと言った。

島外の人には礼拝に参加させないと言葉で言われた時、私は三度拒否されて、泣きそうになったけれど、鶏の鳴く前に三度「知らない」と言われた偉い方のことを思い出し、勇気を奮って、近くの教会に辿り着いた。ライフセンター、バイブル書店、いのちのことば社、沖縄福音会館と書いてある。

ともかく二階へ上がり、礼拝に参加させていただこう。

すでに礼拝が始まっていたけれど、快く迎えて下さった。ありがたい。

私より遅くいらした方が数名いらしたのが救いだった。

復活祭に礼拝に参加できないのではないかという不安でいっぱいだった数分前の気持ちから、やはり神様は私をお導き下さったという感謝の念でいっぱいになった。

お説教が終わると、お菓子やコーヒーをふるまって下さり、皆さんの前で私をご紹介下さったので、ここへ来た経緯を話しているうちに、嬉しくて泣きだしてしまった。

言葉が出なかった。

ゴスペルソングのCDはあるかとお伺いすると、あるとのことで、かけていただき、私は正面に飛び出して、その曲1曲に自分の思いを込めて踊った。言葉で言えないことでも、踊りだと不思議に表せられるものだ。

沖縄福音会館は、私を拒否しないで、受け入れて下さった。

そこに神様の姿を見た。

良い方達と触れ合えたことが、今回の沖縄旅行の最大のお土産になったと感じた。

帰りには、教会員の方が、博物館までクルマでお送り下さった。

一時はどうなることかと思ったけれど、最後には最高の復活祭になった。

これは東京へ帰ってから、泉パウロ先生にご報告しないといけないと思った。

神様のご配慮に感謝。


令和3年10月

 

久米島へ行く前に那覇で再び教会を訪れる機会があったことに感謝する。

皆様との再会を喜び、踊らせていただいた。

謝花牧師の奥様と以前東京に住んでいらした西尾さんが、対馬丸資料へお連れ下さった。

神様が、今日、これから2時間後に近くの劇場で、対馬丸沈没のミュージカルをご用意して下さっていた。神様に感謝。

タクシーで劇場に直行。素晴らしいお席が取れた。40名くらい出演していただろうか。

対馬丸に4歳の時に乗っていて、奇跡的に命が助かった方が、舞台の上でお話になった。その方の命は、神様とその方のお父さんが守って下さったのだと知り、本編が始まる前から、大泣き。

演出やキャスティングや台本は多少変だったけれど、そんな小さなことはどうでもいいと思える内容の濃い作品だった。どうしてこのような素晴らしい内容の上演がスポンサーなしで、自主公演しているのだろうと不思議だった。

素晴らしい1日を過ごした。

--------------------------------

後日談:

沖縄を去る1日前のこと。国際通りを右手に曲がり、焼き物街にある焼き物美術館へ行ったら、とあるポスターに目が釘付け。神様は私が興味を惹きそうなものを、ちゃんとご用意して下さる。

神様はいつも用意周到。

『沖縄燦燦』を見るために、来年2月にまた沖縄に来よう。
時間を見たら、教会の後、急いで行けば、見られる時間帯。

早速、チケットを予約した。良い席!航空券もホテルも取った。


令和4年2月6日

 

この日にまためぐみチャペルの皆様の前で踊れる。

今から楽しみ!