令和2年7月18日から    砂利が敷かれた絶望的な場所を園芸の庭につくり変える

令和2年10月18日から   都内と温度が全然違う氷点下になる過酷な冬との出会い

令和3年4月25日から ここ 初めて迎える武蔵村山の美しい春と初夏


令和3年4月25日  日曜日

教会に預けておいたから、冬を生き延びたので嬉しいけれど、日に当たらないので、青白くなってしまったので、持ち帰って、太陽の下に置いて元気を取り戻させている。

新宿でいくらでも増えてピンクの花を咲かせる名前わからない多肉も武蔵村山で全滅したので、教会に預けておいて本当に良かった。

バラの蕾は毎日大きくなる。


令和3年4月26日  月曜日

バラの花芽が大きくなって来た。

これはアンデビラなのか、サンパラソルなのか。右のはパッションフルーツだと思う。

どれがどれだか確認する前に植えてしまったから、名前がいまいち不明。


令和3年4月27日  火曜日

バナナ栽培で台所がハエだらけになったので、外に出して、バナナの上に土をかけて様子を見る。

真由美さんが川崎市に住んでいた時、ポトスを切って、持って帰り、すごくたくさん増えたのは、新宿御苑にいた頃。それを四ツ谷の一軒家の冬の寒さで枯らして、以降、ポトスとは縁がなかったけれど、また増やすことにした。昨年買ったライムポトスは弱いようで、というか、寒かったから外では無理だった。


令和3年4月28日  水曜日

今年最後の桜が可愛く咲いてくれている。

バナナ栽培で根が出て来たから、洗って直植え。


令和3年4月29日  木曜日

切り口を完全に乾かして、根が出てから水につけたら、どんどん新しい根が出て来た。


令和3年4月30日  金曜日

四ツ谷の庭でピーマンさんに頂いたお芋が、どこかに混ざっていたのか、可愛い芽を出した。

4/23にはまだ弱々しかったキュウリとトマトが、しっかりしてきた。2度の雨のせい。


令和3年5月1日  土曜日

冬中枯れなかったトケイソウがどんどん伸びる。ベランダに到達するといい。

クラッスラを切って挿したけれど、根がつくのだろうか。


令和3年5月2日  日曜日

この子エケベリアだと思ったけれど、オルビキュラリスなのかもしれない。

インパチェンスは入り口のフェンスの上に。

ワインレッドのエケベリアは思い切ってハサミを入れて、根が出るまで空気にさらしている。


令和3年5月3日  月曜日

見るたびにバラの蕾が大きくなる。しかも3つ咲くことがわかった。

教会に数ヶ月置いていたカランコエがひどい状態になっていたので、持ち帰り分解して葉挿しを試みている。根がつくかどうかわからない。


令和3年5月4日  火曜日

艶ピカの椿。

青梅街道ならどこでも見られるケシの花が、ついに庭に飛んで来たと見られる。大いに歓迎。

数ヶ月光合成ができなかった教会アロエは、ひどい状態。ちゃんと元気になったら、上の部分を切って分けようと思う。


令和3年5月5日  水曜日

ベゴニアを買った。溶けてしまわないことを願う。

アロエベラは冬の間に葉の先が痛み、茎が長くなったので、切った。根が張るように。

セダム科の多分ブロンズ姫で、根がたくさん出たから挿した。


令和3年5月6日  木曜日

グリーンネックレスを増やすことにした。
クラッスラの下の部分の緑色を爪でちゃんと削ってから刺した。
前に刺したのは、削ってないから、今度の方が根がつきやすいと思う。